小さな会社や個人に特化したマーケティング知恵袋サイト

思わず購入したくなる3つの販売テクニック

沖縄でマーケティングコンサルタントの活動をしている知念悟です。

 

突然ですが、あなたのお客さんが商品を1点購入してくれるのと2点購入してくれること。

 

どっちがいいですか?

 

もちろん2点売れることですよね。

 

では、お客さんに2点買ってもらうためにはどのようにしたらよいでしょう?

 

今回は人間の心理を想像して生まれたついつい買っちゃう3つの販売テクニックを説明したいと思います。

 

身近で使われているセールステクニックなので、「あぁーなるほどね」となると思いますよ?

 

それにいますぐ取り入れやすいテクニックで、売り上げをあげることができる即効性のあるものなのでぜひ最後まで読み進めてください。

 

それではひとつずつ説明していきますね。

 

ついつい買っちゃう3つの販売テクニック

 

①セット販売を勧める

 

こちらは商品と一緒にセットを勧めて販売しよう!ということです。

 

例えると、電化製品のお店でお客さんがプリンター(16,900円)を購入したとします。そのお客さんがプリンターを購入することで必要になるであろう商品をセットにして購入してもらうことです。

 

プリンターを購入したお客さんが求めるものでいうと、インク、プリント用紙などですね。それらを本来の価格より少し割引してセットにし購入しやすくしてあげてください。

 

ここでこのような疑問が浮かびませんか?

 

プリンターを買ったらインクも必要だからセットで売らなくても購入するのでは?むしろセットで売ると割引しただけ損してしまうのでは??

 

実は2つの考えを持つことでこの疑問を解消することができます。

 

まず1つは、単価商品(ここでいうプリンター)にすると1点しか購入に繋がらない可能性があるということです。

 

インクやプリント用紙が売れないかもしれない。ということです。

 

ですが、セットにして売ることで購入ハードルが下がり、割引はしていますがいくらかの利益を残すことができます。

 

0円だったのがセット販売にしたことで利益が生まれた。この考えをもつことが重要になります。

 

もう1つは、人間は一度購入すると同じ場所で購入する行動の傾向があります。

 

セット販売することでどこでも売っているインクやプリント用紙が切れてしまったときに、またあなたのところで購入しなきゃ。と無意識の領域で考えて行動するわけです。

 

お客さんが必要なものをあえて割引して購入ハードルを下げて、ついつい買ってもらうことで長期的にみても売上に貢献してくれる流れを作り上げることができるということです。

 

※お客さんが欲しい商品と欲しがらない商品を一緒に無理やり付けて購入させることを「抱き合わせ販売」と呼び、こちらは独占禁止法で違法なので気をつけてください。

 

②先払いシステム

 

こちらはお客さんに先払いしてもらうことで企業側に利益を作ることができます。

 

例えば、飲食店で使っている5杯飲むと1杯ぶんタダになる。他にもフィットネスクラブで4回のレッスンを3回分の料金で受けることができる。

 

もちろん単価分の金額も用意することで、「1回で払う金額が〇〇円なら先払いを選んだ方がお得かな?」と感じてもらうことができます。

 

このセールステクニックの利点として、客単価がアップすることに繋がり売上があがります。

 

また、複数回利用する流れを作ることができるということです。つまりお客さんと一回の関係でなく複数回に渡って関わることができるので関係性の構築ができます。

 

人は他人と一緒に長い時間を一度送るよりも短い時間を複数回に分けて交流した方が仲が深まりやすい人間心理を持っています。(ザイオンス効果と呼びます。)

 

そのため、お客さんにお得に感じてもらいながら何度も関われる仕組みを作れることで、その次も利用したくなる関係性の構築に繋がるのでおすすめです。

 

③2個買うと1個プレゼント

 

この言葉で商品を購入した経験があなたもあるんじゃないでしょうか?

 

僕はあります。笑

 

本来なら1つでも十分な商品を2つ買う行動を促進させるパワーがこの言葉にはあります。

 

例えば、靴下を1つ補充しようと思って購入に来店したが、2個買うと1個プレゼントとセールスしていたので3つあっても困るものじゃないから購入した。

 

お客さんはこのように考えます。企業側としては、商品の販売店数が増えて売上に繋がります。

 

特に生活必需品など欠かせないもの、多くあっても困らないものほどこのテクニックはより成果を得られやすいものになります。

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

セールステクニックとしてよく使われるものなので、あなたも身近でも体験したことがありませんでしたか?

 

重要なことは、今回紹介した3つのセールステクニックをあなたのビジネスに置き換えて応用しようと考えることがとても大切です。

 

きっとどのビジネスにおいても真似しやすいセールステクニックになっていると思うので、ぜひあなたのビジネスの応用されてください。

 

応援しています。

 

 

今回のテクニックをどのように導入すれば良いかわからない。ビジネスの集客や売り上げを増やしたい。反応のある販促物が欲しい。

そんなあなたのお悩みがあれば、お気軽にお聞かせください。

初回無料相談受付中ですので、ご興味あればいますぐご連絡ください!

 

     

    この記事をあなたの仲間に伝えたいと思ったらフォローしよう!
    >【無料プレゼント】

    【無料プレゼント】

    商品名:鉄板集客チラシの作り方レポート

    3つのポイントを意識するだけで鉄板集客チラシを作成することができます。
    人間心理に特化した人が欲しいと感じる人間の本質を重視したレポートのため、
    今後何度でも応用しながら反応の得られるチラシを作成することができます。

    もう業者に頼る必要はありませんし、チラシ以外の広告物でも使える考えです。

    さらにチラシの型で使えるテンプレート
    印刷前のミスを防ぐチェックシートも付いているので
    注文ミスをすることなく安心して活用できます。

    数あるサイトの中、
    あなたと出会えた記念として無料にしておりますので
    ぜひ手に取ってあなたのビジネスにお役立てください。

    CTR IMG